2009年09月20日

新色カラーチャート誕生!!



人気ブログランキングへ


基本色7色+56色のカラーチャート(色見本)が出来上がりました。
1色の色の見本が、以前よりもおよそ2倍くらいの大きさになり、
見やすくなりました。

カラーちゃーとその3.JPG
ドイツのデザイナーさんも参加して、制作されました。

カラーチャートその2.JPG
反対の面はこんな感じです。


色は、淡い色から、ビビッドな色まで、幅広いです。

お店なら、大胆にビビッドな色をふんだんに
使ってみてはいかがでしょう?
個性的な色使いのなかに、やさしい空間を演出できるでしょう。

おうちなら、西洋風な色使いで、楽しんで見ませんか?
また、時には、部分的にビビッドな色を使ってみるのもいいですね。



人気ブログランキングへ
posted by みやび at 12:58| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 色について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

指定色126色

「クレイペイント」を扱っている国、
ドイツ・フランス・イギリス・韓国などなどでは、
世界共通の、「クレイペイント色」を持っています。
その色の数は、なんと126色。
ドイツ製の色見本帳があります。
(この見本帳が高い!)

このたび、私たち日本でも、日本の総輸入元(株式会社縄文)に
それを可能にする機械が入り、
その126色の再現が可能となりました。
色の番号が世界共通なので、イギリスの「106番」も
日本の「106番」も、同じ色が出来上がるということです。

すべて、コンピューターで管理され、
欲しい色の番号を入力すると、
必要な色ネタ(天然顔料)が注入され、混ぜられ、出来上がります。

希望する色により、その顔料の量が異なりますので、それに従い、
調色料金はどうしてもUPされてしまいます。
が、その分、オリジナリティーのある、素敵な内装に仕上がること
間違いありません。

薄い色から、濃い色まで、色の幅もたくさんあり、
きっと、皆さんの希望する色を見つけてもらえると思います。

もちろん、126色以外の色でも、見本となる色がありましたら、
それを元に、一部を除き、調色させていただけます(フルオーダー)。


これらも、「クレイペイントの良さ」のひとつです。


posted by みやび at 13:50| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 色について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

「ロット」の違い

一度に作られた製品の集まりのことを「ロット」といいます。
「クレイペイント」が一度に何缶作られるのか、私は知りませんが。
100缶でしょうか?
1000缶でしょうか?

「クレイペイント」の基本色は自然の粘土色です。
ですから、そのときに採取した粘土により、
できてくる色に違いが出ます。
同じオフホワイトでも、時期の違う2色のオフホワイトを並べると
違うということです。
極端に言えば、昨日買った「クレイペイント」と
今日買った「クレイペイント」は違うことがあるということです。
(違うといっても、「オフホワイト」が「オーカー」になることは
ありません。「あくまでも「オフホワイト」は「オフホワイト」ですよ。)
これは、「クレイペイント」に限ったことではありません。

「ビニールクロス」でも同じことが言えます。
人工的にコントロールされているにもかかわらずです。
もちろん、他の塗料もです。

「クレイペイント」は、自然の物ですから、
「ビニールクロス」よりもその違いは大きいです。
そうでなければ、反対に、ウソっぽいですよね。
自然の物に、全く同じものは存在しないはずですから。

だからこそでしょう、「クレイペイント」に
ぬくもりがあり、味があるのは。
何だか、落ち着くんです。


posted by みやび at 06:34| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 色について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

色の選び方は?

クレイペイントの基本色は7色です。
でも、色は、数えきれないくらいたくさんありますね。

では、「クレイペイントでは、それがかなわないのか?」
答は、「NO!」です。

基本的には、どんな色でも調色(混ぜて色を作ること)できます。
但し、粘土ですから、まれに出にくい色があります。
それは、自然がゆえのことですから、近似色ということで、
ご容赦くださいませ。 ですから「基本的に」なのです。

色を選んで決める時の、3つのツボがあります。
まず1つ目ですが。。。
日本では、「日塗工(にっとこう)」と業界でいう、
ペンキ屋さんが持っている色見本カードがあるのですが、
これは、光沢(つやつや)があるので、この中から選ぶと、
実際のクレイペイントとは違った色に見えてしまします。
これは、クレイペイントが全くの「つやなし」だからです。
ですから、雑誌などから見本の色を切り抜いて、
それをこちらに渡していただいてOKなのですが、
その場合も、つやのないページから切り抜いてください。

調色は、自慢できる工場でいたします。
ご安心ください。

そして2つ目は。。。
小さい見本で選ばず、可能な限り、大きい見本をみて決めましょう。
しかし、現実問題、これはなかなかできません。
ですから、小さい色から選ぶ場合は、それよりも実際は、
「明るて、薄い色になる」と想像してください。
それで、ちょうどピッタリとなります。
これは、何もクレイペイントに限ることではなく、色全般にいえることです。

最後は。。。
塗料は、乾いてから判断すること、です。
「ヌレ色」と言って、ぬれている時と、乾いている時では、違います。

以上の3つを頭の隅に入れてもらいつつ、
色選びを楽しんでください。


posted by みやび at 22:40| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 色について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

基本色、新色以外は?

基本色7色 
   粘土そのままの色です。 
新色6色
   基本色7色同士を、混ぜ合わせて6色作りました。

そのほかには、カラーサンプルはありません。
しかし、下の2つの方法で、いろんな色が実現できます。

■ 基本色7色同士をいろんな割合で混ぜて、
  ”オリジナル色”を作る。
        これは、皆さんでできます。
        ほかでは決してマネのできない、
        ”自分だけの色”ができますよ。

■ 自然の顔料を入れて、工場で調色(色をあわせて作る)します。
        何か見本になる色をお知らせください。
        本の切り抜きでもOKです!
        限りなく近い色に仕上げます。
        基本が粘土ですから、再現しにくい色もまれにあります。      
        それは、自然のものですので、ご容赦くださいね。


ということで、臭いのほとんどない、体に害の少ない「クレイペイント」で、お部屋の雰囲気を自分の手で、『チェンジ!』。


posted by みやび at 06:07| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 色について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

新色、発売!

新色6色が加わりました。

newcolorchart.jpg


ライトイエロー
フレッシュ
アプリコット
コーラルレッド
スチールグレー
グリーンフォグ

価格は、上がります。
おおよそ1缶あたり、5,000円くらい上がる予定です。


posted by みやび at 16:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 色について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

基本色は?

基本色は7色です。

color_charts.gif


オーカー
オレンジ
ボルドーレッド
チャコールグレー
オフホワイト
ホワイト
ストーングリーン

ホワイト以外は、粘土そのものの色です。


posted by みやび at 06:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 色について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。