2010年03月29日

twitterデビュー!

クレイペイントのbot!?

え?クレイペイントがつぶやいてる・・・。


クレイペイントだって、お話したい。

ちょっとした、気づきがみなさまにも届くかも!?しれません。


よろしければ、フォローしてあげてください。

ツイッターだけのお得な情報も、
スタッフの動向も(昼寝とかビールとか・・・ランチとか。(笑))
ちょっと知っ得な裏ネタも

最速速報でお届けします。


みやび店長の代理、スタッフジョニーより

posted by みやび at 22:56| 兵庫 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

クレイペイントは、こんな商品です



人気ブログランキングへ
クリック↑↑↑をお願いします。


クレイペイントをもっと知っていただければと、
実験をしてみました。

それをスタッフのジョニーがレポートしてくれました。
ご覧くださいませ↓↓↓↓↓。

http://shop.plaza.rakuten.co.jp/interior-tom


いかがでしょう?
伝わりましたでしょうか?






姉妹ブログ
◆”みやび”のつぶやき◆
http://miyabi-tsubuyaki.seesaa.net/




人気ブログランキングへ



posted by みやび at 20:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

タバコの汚れを寄せ付けない「クレイペイント」


人気ブログランキングへ


データですが、↓↓↓
CIMG2021.JPG

写真なので、違いが分かりにくいですが・・・。
「ビニールクロスそのまま」
     と
「ビニールクロスにクレイペイントを塗った」のを、
タバコの煙の中に同じ時間入れておき、その違いを観察する実験です。

結果は・・・
クレイペイントを上から塗ったほうが、
煙やほこりによる色が付きにくかったです。


内容はこちら ↓↓↓
タバコ汚染性試験.jpg


「クレイペイント」は、静電気を帯びないようで、
ほこりや、その汚れが付きにくいようです。

これは、とてもうれしい効能ですね。

例えば、空調機の周りが黒くなったりしにくいということです。

他にも、壁はまっすぐなはずなのに、人の出入りがないところとかに、
ほこりがくっついていたりすることがありますよね。
それは、静電気のいたずらだったりします。
そんなことが、ほとんどなくなるのですね。

すばらしい!!





人気ブログランキングへ

posted by みやび at 16:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

「クレイペイント」の特徴

「クレイペイント」は、塗った壁に直接水をかけ、雑巾でごしごしと
こすると、とけます。
これは、スゴイことです。
日本国内の水性塗料には、ないことです。
言い返せば、それだけ、自然であることの証明です。

詳しく言うと、ややこしくなりますが、
塗料など(珪藻土やジュラク等)には、塗料が固まるように
接着剤が使われています。
その接着剤に問題があり、ニオイや化学物質の発生源となることが多くあります。
「クレイペイント」はその部分が優秀で、水でこすると溶けるように
なっているのです。

なのに、耐水性には優れているというデーターがあります。

要するに、浴室などでは使えないですが、
洗面所などでは、機能を発揮するということです。

「クレイペイント」が汚れた場合は、水拭きをするのではなく、
消しゴムなどで、ゴシゴシ消しとってください。


posted by みやび at 05:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

安心塗料

モノを表現する時にいろいろな言葉を使います。
「おいしい」「きれい」「可愛い」「ナチュラル」などなど・・・。

では、「クレイペイント」はどうでしょう。
「粘土塗料」であることはもちろんご承知の通りです。
ほかに、「自然塗料」ともいえるでしょう。
また、100%天然の物から作られているというわけではありませんが、
使われている保存料は、お菓子や化粧品にも使われている
「イソチアゾリノン」を0.1%など、体に負担の少ないものにされています。
よって、「安全な塗料」・「安心塗料」とも表現できるでしょう。
「水性塗料」
「ニオイのほとんどない塗料」
「ドイツ生まれの塗料」
「これからメジャーになる塗料」
「DIYに最適な塗料」
「サスティナブル住宅には欠かせない室内仕上げ塗料」
などなど。

でも、やはり、「安心塗料」これが一番!



posted by みやび at 09:29| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

製品安全データシート

「MSDS」って、ご存知ですか?
「Material Safety Data Sheet」の頭文字です。
意味はと言うと、
「化学物質およびそれらを含有する製品(指定化学物質等)の物理化学的性状、危険有害性、取扱上の注意等についての情報を記載した化学物質等安全データシート。」です。

要するに、MSDSとは、いわば、その商品の身分証明みたいなものです。
どんな成分が入っていて、危険度はどれくらいかが、
誰にでも分かるようになっています。

現在では、これ(MSDS)は、あって当たり前です。
(でも、4年くらい前に、「ファブリーズ」のMSDSが知りたくて、
「P&G」に連絡をして、見せて欲しいと問い合わせました。
すると答は「NO!」でした。
家庭用品でも、使用頻度の高い最寄品の類は、MSDSを見せなくても
いいことになっていました(今はどうか知りませんが)。
それをいいことに、何度もかけ合いましたが、「出せません。
何か問題が発生したのですか?その場合は、対応しますが、
それ以外は、今までに何も問題がありませんでしたので、
データの公表はしません。」とのことでした。
確か、データの公開請求をした場合は、見せる必要があったはず。
どうして、「P&G」がこんな態度なのか、
大変腹が立ったことを覚えています。)

下記に、クレイペイントのMSDSを公表します。
特に、ナンノ問題もありません。
安心して、お使い下さいませ。



クレイペイント MSDS 和文_ページ_1.jpg


クレイペイント MSDS 和文_ページ_2.jpg


クレイペイント MSDS 和文_ページ_3.jpg


クレイペイント MSDS 和文_ページ_4.jpg


クレイペイント MSDS 和文_ページ_5.jpg



posted by みやび at 22:09| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

クレイペイントは呼吸しているか?

クレイペイントを実験、調査に出しました。
すると、次のような結果がでました。
(詳しくは、下記のデータ。)


それは何かといいますと・・・。
普通の「ビニールクロス(壁紙)」と「クレイペイント」を比べてみました。

何を比べたかといいますと。
まず、湿度を高くして、湿気をどれくらい吸収するかを比べました。
結果は、ビニールクロスより3.2倍強「クレイペイント」の方が多く
湿気を吸収しました。
次に、湿度を下げて、吸収している水分をどれくらい吐き出すか
比べました。
結果は、ビニールクロスより、3.1倍強「クレイペイント」の方が多く水分を吐き出しました。
また、この実験から、「クレイペイント」は、吸収した90%程度の湿気を
吐き出すことが分かりました。

よって、「クレイペイント」は、ビニールクロスよりも、3倍以上の湿気を呼吸(吸う&吐く)していることが分かりました手(チョキ)




吸放湿データ 壁紙、クレイペイント.jpg


posted by みやび at 09:19| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

日本では、どこで売っているの?

ドイツで作られ、日本にやってきます。
日本では、株式会社 縄文
総輸入元です。
そこから、各県の代理店(基本的には、県に1社です)に渡り、
皆さんのところに届きます。
兵庫県では、私たち有限会社 インテリア トムが、
代理店となっています。

また、株式会社 縄文は、例外なく、直接皆さまに販売することは
出来ません。ご了承下さいませ。

ご用命は、インターネットからでも、FAX(0798-52-7880)
からでもOKです。
インテリア トムまで、お気軽にどうぞ。
(「インテリア トム」です。
「インテリ アトム」ではありません。)


posted by みやび at 15:32| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。